基づく 類語

Add: nocaraxo83 - Date: 2020-12-11 18:45:22 - Views: 2295 - Clicks: 4565

「よる」には、「天気予報によると明日は雨だ」「母の言うところによると. 索引トップ 用語の索引 ランキング. 「concept」の同義語には「idea」「conception」などがあります。idea < conception < concept の順でより抽象度が高くなります。. - 1000万語以上収録!英訳・英文・英単語の使い分けならWeblio英和・和英辞書. 基礎づける. (前例に)則る ⇒ 拠 よ り 所 どころ にする よりどころ(にする) ・ (方針に)添う ・ 適従 ・ 根差す ・ 踏まえる ・ よって立つ ・ 立脚 ・ 準拠 ・ 依拠 ・ 則する ・ (見本に)従う ・ 基づく 類語 基づく ・ 基づく 類語 準じる ・ (先例を)追う ・ 拠る ・ 足場とする ・ 土台とする ・ 虎の威を借る狐 ・ (親の)権威を笠に着る ・ 威光の中に留まる ・ (この)紋所(が目に入らぬか) 基づく 類語 ・ 印籠を掲げる ・ (強者に)甘える ・ 甘え ・ (人の好意に)甘え切る ・ 自立しない ・ 独立できない ・ 頼り(にする) ・ ひ弱(な精神) ・ 他力本願 ・ 依存(する) ・ ぶら下がる ・ (人に)ぶら下がって(生きる) ・ 寄りすがる ・ 寄りかかる ・ 寄りかかり ・ おぶさる ・ (イランを)後ろ盾とする(武装組織) ・ 依託 基づく 類語 ・ 当てにする ・ (体制)べったり(の人) ・ べったり依存 ・ 杖とも柱とも頼む ・ 杖柱(と頼みにする) ・ (素直に)従う 基づく 類語 ・ 人任せ ・ あなた任せ ・ (相手の)なすがまま(に任せる) ・ (権力に)追従(する) ・ しなだれかかる ・ (親会社に)ぶら下がる ・ (ツン)デレ ・ 安心を得る ・ 依存する ・ 大船に乗った気持ち ・ 寄る(辺) ・ (親戚に身を)寄せる ・ 寄生虫 ・ (決定を)任せる ・ 任せきり(にする) ・ (親)掛かり(の身) ・ 頼る ・ 依頼 ・ (暴力団を)バックに持つ(暴走族) ・ (~から)離れられない ・ 虫のいい(言い分)(を認めてもらう) ・ (一従業員として)(会社の)看板を背負う ・ (後事を)嘱する ・ (武力に)依る(解決) ・ 狎れる ・ (親に)もたれる ・ (手すりに身を)もたせる ・ もたれかかる ・ もたせかける ・ 庇護される ・ マゾ(男) ・ 掛かりつけ ・ 従属(△する[関係]) ・ (先例に)依拠(する) ・ 助けを借りる ・ 助けを受ける ・ 助けられる ・ 寄らば大樹の陰 ・ マザコン(男子) ・ (体を)押しつける ・ (△身を[専門家の手に])委ねる ・ 寄る ・ 親がかり(の生活) ・ おんぶにだっこ(の生活) ・ 誇りも自覚もない ・ 立てかける ・ 頼り切る ・ 頼り切り ・ 頼りない ・ 依頼心が強い ・ 体重を預ける ・ (外部環境を)追い風として(最高業績を更新) ・ 頼む ・ 丸投げ ・ 雨よけ ・ 人頼み ・ (子に)掛かる ・ すねかじり(の身) ・ (子どもが親に)しがみつく ・ 米国頼み ・ (年金を)頼みにする ・ 面倒をみてもらう ・ 長い物には巻かれろ ・ お任せ(コース) ・ 自主性がない ・ 基づく 類語 自主性の放棄 ・ 主体性がない ・ 主体性の欠如 ・ (仕事を)丸投げ(する) ・ 寄せかける ・ すがる ・ (年金で)まかなう ・ 基づく 類語 スリップストリーム ・ 世渡り上手 ・ 自己防衛が働く ・ 後塵を拝する ・ 驥尾に付す ・ 長いものに巻かれる ・ 小異を捨てて大同につく ・ 処世術 ・ 役柄 ・ 足場 ・ 基づく 類語 位置(を占める) ・ (経験を)踏まえて ・ 態度 ・ (信念に)立脚して ・ 土台 ・ (考えたり行動したりするときの)立場 ・ 心構え ・ ベース ・ (作家としての)スタンス(で質問する) ・ 後ろ盾 ・ (自分の)立ち位置 ・ 根拠 ・ 観点 ・ 物事に取り組む姿勢 ・ 立脚点 ・ 立脚地 ・ 地歩(を固める) ・ (主張の)よりどころ ・ スタンス ・ 定立 ・ 自分の置かれている状況 ・ (人生の目的地と)現在地 基づく 類語 ・ (独自の)姿勢 ・ (自己)定位 ・ 抱き合わせ(販売) ・ 隷属 ・ (ゴムの)属性(である弾力性) ・ 付属品 ・ 伴う 基づく 類語 ・ 従属 ・ 付属 基づく 類語 ・ (サービス料)込み(の料金) ・ おまけ ・ (下に)属する ・ 属す ・ 一緒 ・ (これに)随伴(する問題) ・ 付き従う ・ (観光と)併せて(グルメを楽しむ) ・ つきまとう ・ 添う ・ 付随(する) ・ (おまけが)付く ・ 従的な位置にある ・ 所属 ・ 相伴う ・ (書類に)添える ・ (スマホと)セット(でネット回線を契約) ・ (結婚相手として)外せない(条件) ・ 付帯(する) ・ 帰属 ・ 対応 ・ 対峙 ・ 対する ・ 対照 ・ 対 ・ 相対する ・ 対物 ・ 対置 ・ 影響し合う ・ 対比 ・ (首尾が)照応(する) ・ コントラスト.

」 ・判例に依拠して作られました。 「It was made on the basis of judicial precedents. 同じ発想に基づく「日本語シソーラス」は日本でも各界から要望されてきました。しかし編纂の困難さから、その成立は本書の初版である『日本語大シソーラス 類語検索大辞典』(年)を待つこととなりました。. See full list on eigobu.

準拠は依拠の類語で、依拠と同じく「よりどころとすること」を意味します。依拠と準拠の違いは、依拠よりも準拠の方が、よりどころとしたものに従っていることです。 例えば「前例に依拠した法律」は、前例を参考にして作った法律を表しますが、「前例に準拠した法律」であれば前例のやり方などに従って作った法律になります。準拠の方が前例に忠実とも言えます。. 基づく; 依拠する; 根拠とする; 準ずる; 則る; 基づく; 依拠する; 根拠とする; 拠る. 」 ・私達はこれを基準として依拠します。 「We rely on 基づく 類語 this as a standard.

基づく ⇒ 拠 よ 基づく 類語 り 所 どころ にする. 立脚 ⇒ 拠 よ り 所 どころ にする 準じる ・ (方針に)添う ・ (前例に)のっとる ・ (見本に)従う 基づく 類語 ・ 則する ・ よって立つ ・ 依拠 ・ 根差す ・ 適従 ・ 準拠 ・ よりどころ(にする) ・ 足場とする ・ 土台とする ・ 踏まえる ・ 拠る ・ 基づく ・ (先例を)追う ・ 基づく 類語 (暴力団を)バックに持つ(暴走族) ・ すがる ・ (ツン)デレ ・ マゾ(男) ・ 寄生虫 ・ (△身を[専門家の手に])委ねる ・ 依頼 ・ (後事を)嘱する ・ (年金で)まかなう ・ 虎の威を借る狐 ・ (親の)権威を笠に着る ・ 威光の中に留まる ・ (この)紋所(が目に入らぬか) ・ 印籠を掲げる ・ (体制)べったり(の人) ・ べったり依存 ・ 長い物には巻かれろ ・ 人頼み ・ 狎れる ・ (子に)掛かる ・ (先例に)依拠(する) ・ 米国頼み ・ (年金を)頼みにする ・ 親がかり(の生活) ・ 面倒をみてもらう 基づく 類語 基づく 類語 ・ (親会社に)ぶら下がる ・ 依存する ・ 掛かりつけ ・ 安心を得る ・ ぶら下がる ・ (人に)ぶら下がって(生きる) ・ (~から)離れられない ・ (外部環境を)追い風として(最高業績を更新) ・ 依託 ・ マザコン(男子) ・ (体を)押しつける ・ 自主性がない ・ 自主性の放棄 ・ 主体性がない ・ 主体性の欠如 ・ (強者に)甘える ・ 甘え ・ (人の好意に)甘え切る ・ 人任せ ・ あなた任せ ・ 頼る ・ 頼り切る ・ 頼り切り ・ 頼りない ・ 助けを借りる ・ 助けを受ける ・ 助けられる ・ 頼り(にする) ・ 依存(する) ・ 基づく 類語 (親に)もたれる ・ (手すりに身を)もたせる ・ もたれかかる ・ もたせかける ・ 体重を預ける ・ 寄せかける ・ (子どもが親に)しがみつく ・ お任せ(コース) ・ 雨よけ ・ (イランを)後ろ盾とする(武装組織) ・ 虫のいい(言い分)(を認めてもらう) ・ 庇護される ・ 依頼心が強い ・ 当てにする ・ (決定を)任せる ・ 任せきり(にする) ・ 寄る ・ (仕事を)丸投げ(する) ・ すねかじり(の身) ・ しなだれかかる ・ 誇りも自覚もない ・ ひ弱(な精神) ・ 杖とも柱とも頼む ・ 杖柱(と頼みにする) ・ 大船に乗った気持ち ・ 立てかける ・ (相手の)なすがまま(に任せる) ・ (権力に)追従(する) ・ 頼む ・ 従属(△する[関係]) ・ (武力に)依る(解決) ・ おんぶにだっこ(の生活) ・ 寄りすがる ・ 他力本願 ・ 基づく 類語 (素直に)従う ・ おぶさる ・ 寄る(辺) ・ (親戚に身を)寄せる ・ (親)掛かり(の身) ・ 自立しない ・ 独立できない ・ 丸投げ ・ 寄らば大樹の陰 ・ (一従業員として)(会社の)看板を背負う ・ 寄りかかる ・ 寄りかかり ・ 驥尾に付す ・ 処世術 ・ スリップストリーム ・ 自己防衛が働く ・ 後塵を拝する ・ 世渡り上手 ・ 長いものに巻かれる ・ 小異を捨てて大同につく ・ (経験を)踏まえて ・ (主張の)よりどころ ・ 立脚点 ・ 立脚地 ・ 足場 ・ 心構え ・ 地歩(を固める) ・ 態度 ・ 後ろ盾 ・ 土台 基づく 類語 ・ (作家としての)スタンス(で質問する) ・ (考えたり行動したりするときの)立場 ・ 役柄 ・ 根拠 ・ 物事に取り組む姿勢 ・ (自分の)立ち位置 ・ 位置(を占める) ・ 観点 ・ (信念に)立脚して ・ ベース ・ 定立 ・ (人生の目的地と)現在地 ・ 自分の置かれている状況 ・ (独自の)姿勢 ・ スタンス ・ (自己)定位 ・ 添う ・ つきまとう ・ 所属 ・ (おまけが)付く ・ (観光と)併せて(グルメを楽しむ) ・ おまけ ・ (ゴムの)属性(である弾力性) ・ 基づく 類語 (下に)属する ・ 属す ・ 付き従う ・ 付帯(する) ・ 付属 ・ 抱き合わせ(販売) ・ 付随(する) ・ (書類に)添える ・ 従的な位置にある ・ 従属 ・ (これに)随伴(する問題) ・ (サービス料)込み(の料金) ・ 隷属 ・ 一緒 ・ (結婚相手として)外せない(条件) ・ 相伴う ・ 伴う ・ 基づく 類語 付属品 ・ 帰属 ・ (スマホと)セット(でネット回線を契約) ・ 対置 ・ 対物 ・ コントラスト ・ 対比 基づく 類語 ・ 対峙 ・ 相対する ・ 影響し合う ・ 対応 ・ 対照 ・ 対 ・ 対する ・ (首尾が)照応(する). 今回は、「準拠する」の意味や使い方、例文、類語との違いについてご紹介しました。「準拠する」は「ある事をよりどころとして、それに従う」という意味があります。「従う」という意味が含まれていることに特徴があり、「〇〇規格に準拠する」などの使い方があります。使用する場面と例文を考えると、イメージが浮かびやすいのではないでしょうか。 規格や規則、基準や法令などに対し、「準拠する」という表現がしばしば見られます。ビジネスシーンでの使用が多く、新聞やニュース記事などでもしばしば見聞きします。そのため、「準拠する」の意味や使い方を知っておくと、ビジネスシーンで大いに役立てることができます。使用例をイメージし、ぜひ活かしてみてください。. 【その他の表現】be grounded. . 基づく に関連する類語一覧.

依存は依拠の類語です。依存は、頼っていることや寄りかかることを意味しており、頼っているものや寄りかかっているものがなくなると成り立たなくなる状況を表しています。 例えば「仕事をスマートフォンに依存している」というのは、スマートフォンがないと仕事が成り立たなくなる状況です。「前例に依拠した法律」は前例がなくなっても成り立ちます。. 「準じる」の読み方は「じゅんじる」で、意味は「ある基準や根拠に対応すること」です。正しい送り仮名は「準ずる」なんです。今回はそんな「準じる」の使い方を例文付きで詳しく解説していきます。「応じる」などとの違いや類語「則る」「準拠」なども紹介していきます。英語も解説し. 「基礎として用いる」の意味で使われる「基礎づける, 基づく」の例文 base a claim on some observation いくつかの観察に主張を基礎づける.

「準拠する」は「ある事をよりどころとして、それに従う」という意味があるので、「従う」というニュアンスに特徴があります。一方で、言葉として考えると「準拠する」と「従う」には違いも見られます。 「従う」という言葉は、一般的に幅広く使用されています。一方で、「準拠する」の場合、ただ従うことを意味するわけではありません。よりどころとなる事柄があり、それに従うことを意味するので、その「よりどころとなる事柄」が存在する必要があります。これが規格であったり、基準であったりします。そして、「〇〇規格に準拠する」のように使用します。 「〇〇規格に従う」という表現も、意味としては通じます。しかし、「従う」の意味は広く、あらゆる場面で使用されます。「ある事をよりどころとして、それに従う」ことを強調して表現できるわけではありません。このことを明確に示すのであれば、「準拠する」を使用することが好ましいです。. . See full list on biz. 準ずる ・ 則る ・ 基づく ・ 依拠する ・ 根拠とする ・ 準ずる ・ 則る ・ 基づく ・ 依拠する ・ 根拠とする ・ 拠る.

哲学用語では、 ▶concept = 概念(がいねん)・・・物事の本質を捉える思考の形式▶idea = 観念(かんねん)・・・思考の対象となる意識の内容 という枠組みになっています。哲学用語における「concept」の日本語訳が「概念」で、「idea」の日本語訳が「観念」です。「concept」と「idea」は類語なので、「概念」と「観念」も類語にあたり、「観念」は「コンセプト」の類語ということになります。日常生活では「観念」は「ある物事に対して人が抱く考え」という意味で使います。「固定観念」「責任観念」「経済観念」などと使います。また「観念」は「あきらめる」という意味でも使います。企画などで使う「コンセプト」という意味では、「観念」を置き換えて使うことはできません。 例文・妻は経済観念に欠けるので、お金の管理は私がしている。・彼は固定観念に縛られることなく独創的な発想をする。・敵陣は「もはやここまで」と観念した。. 類語・同義語: 基本的な真理、原則、または仮定: プリンシプル・原理: 真実であると受け入れられ、理論や行動の基本とすることができる、基礎的な概念: ルール・プリンシプル・原理: 慣習的に行動を支配する原則あるいは条件. 「事実に基づく」 の類語・類義語として、 「事実を根拠とする」 「現実を前提にする」 などがあります。 「事実に基づく」 という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。. See full list on tap-biz. 「コンセプト」・・・概念。商品企画などの基本的かつ統一的な考え方や視点。「テーマ」・・・主題。芸術作品などの中心となる思想内容「モチーフ」・・・創作における動機の題材。芸術作品におけるコンセプトはモチーフといわれる 「コンセプト」と「テーマ」はどちらも語源が英語で、和訳はそれぞれ「概念」と「主題」です「概念」と「主題」・・・日本語で見ても、すぐに違いがわかりませんよね。それもそのはずで、「コンセプト」と「テーマ」というのはそもそも全く違う場面で使う言葉です。どちらか一方が抽象度が高くもう一方を意味的に内包する、といった性質の言葉ではありません。どちらも別々の意味をもつ熟語です。「コンセプト」は主に商品企画などで使うマーケティング用語です。「コンセプト」をより簡単にいってしまうと「企画の枠組み」です。例えば、「ハワイがコンセプトのレストラン」ならば、「外装からインテリア、メニュー、店員の服装まで南国やサーフィンと関連付けられているレストラン」のことを指します。この際、「ハワイがテーマのレストラン」とは本来言いません。もちろん意味は通じますが、「テーマ」は「企画に対する統一的な考え方」という意味では使いませんので厳密には誤用です。「テーマ」は、映画や絵画など芸術作品に対して使う言葉です。「テーマ」は、芸術作品において作者が主に伝えようとしていること、つまり「主題」を指します。例えば、「映画『タイタニック』のテーマは『叶わぬ恋』だ」ということができます。タイタニックの作者が主に伝えたいことは、身分不相応の男女の恋愛が叶わぬ悲しい現実です。では、「タイタニック」のコンセプトは何なのか?といえば、それはたくさんあると思います。「男女の儚い恋愛模様」「実話を題材にする」「船が海上で沈没してしまう」「主演はレオナルド・ディカプリオにしよう」などなど、企画において色々な基本的視点があったはずです。ちなみに、芸術作品における「コンセプト」つまり「創作の動機となる主要な題材」は「モチーフ」といいます。「テーマ」という言葉が付き、皆さんに大変馴染みのなる言葉に「テーマパーク」があります。「テーマパーク」とは、「特定のテーマ(主題)に基づいて、施設・イベント・景観などが総合的に構成され演出されたレジャーランド」のことをいいます。「テーマパーク」といえば、「東京ディズニーランド」ですよ. 意義素(意味の分類) 対応する類語・関連語: 基礎として用いる.

このように先人の知恵や経験に 「基づく」 財産が現代社会に恩恵をもたらしていることが少なくありません。 「基づき」の例文3 「今までの積み重ねに基づき、あなた方がこれから大きく飛躍してくれることを期待する」. 基づく(もとづく)とは。意味や解説、類語。動カ五(四)1 それが基となって起こる。起因する。また、それを根拠・基盤とする。「政治の介入に―・く相場の変動」「規則に―・く処理」2 近づく。到達する。. もとづく【基づく】 1〔より所とする〕be based ((on));be founded ((on))税金は収入に基づくTaxation is based on income.

「基づく」は英語でどう表現する?【単語】be based. 「理念(りねん)」は「事業の根底にある基本的な考え方」という意味で、「企業理念」「経営理念」「創業理念」などとビジネスシーンでよく使う言葉です。「コンセプト」は商品企画に対して使うのに対して、「理念」は会社や組織全体に対して使う言葉ですが、類語にあたります。「基本理念」とすると、「コンセプト」のニュアンスにぐっと近くなります。 例文・我が社の企業理念は世界中に笑顔を届けることだ。・内閣総理大臣は憲法の理念に基づく政治運営を心がけなければならない。. 楚 ( そ ) の人が美しく飾った小箱に珠を入れて 鄭 ( てい ) の人に売ったところ、鄭の人は箱だけを受け取って中の珠を返してよこしたという、『韓非子・外儲説左上』の故事に基づく。 類語: 「玉を還して 櫃 ( ひつ ) を買う」 得を取るより名を取れ.

「方針」は「進むべき道、目指す方向」という意味です。語源は、方位を示す磁石(コンパス)の針です。企画をする上での「コンセプト」と非常に似た意味をもつ日本語です。「方針を決める」「方針を立てる」「施政(しせい)方針演説」「基本方針」「教育方針」などと使います。 例文・基本方針を立ててから、細部を決定していこう。・施政方針演説で内閣総理大臣は、社会制度の抜本的改革を誓った。. 依拠性があるかを裁判で判断するときには、総合的に判断します。例えば、相手がたまたま似ているだけで真似をしていないと言っていたとしても、1mmのずれもない全く同じ絵であれば、基づいて真似をしたと考える方が妥当です。 逆に、少し似ているけれど、自分の絵が誰にも見られない環境にあった場合には真似をすることができません。さまざまな事情を考慮して判断をします。. 「コンセプト」は、「名詞+コンセプト」の形でも使います。この場合、『「名詞」に対する基本的な考え方、思想、原理原則』という意味になります。 ・ブランドコンセプト ⇒ ブランドの商品全体の概括的な思想・デザインコンセプト ⇒ デザインの全体的な方向性・製品コンセプト、商品コンセプト ⇒ 製品、商品の機能、価格、他社との差別化などの全体的な価値感・販売コンセプト、マーケティングコンセプト ⇒ 商品を消費者へ届ける上での統括的な考え方・エンティティコンセプト⇒ 法人と経営者を分けるべきだという考え方・ハイコンセプト ⇒ 映画の内容が一文で表せるほど簡単明瞭であるべきだという考え方 「エンティティコンセプト」「ハイコンセプト」は日本語ではほとんど使われない言葉ですが、英語圏ではそれぞれ「entity concept」「high concept」と表記され使われています。「entity concept」とは会計用語で「企業実体概念」と和訳されます。「エンティティコンセプト」とは、法人とその経営者は別物として扱われるべきで、経営者は自分が作った会社であっても私物化してはならないという考えを示. 「特記事項(とっきじこう)」とは文字通り、「特別に記するべき事柄と項目」という意味の言葉です。わざわざ取り上げるほど重要だの意です。ビジネスシーンでの履歴書や報告書で「これだけは伝えておきたい」ことを述べる時に使います。読み手に注意してほしい点や補足的な情報を. 【例文】What is the basis of your argument?

「コンセプト」は下記のような言い回しもあります。・〜をコンセプトにする・〜をコンセプトに決める・〜をコンセプトに採用する・〜がコンセプトだ 例文・今月オープンする新しいカフェはハワイをコンセプトにしている。・森ガール系を明日の合コンのファッションのコンセプトに決めた。・池袋にある例のマンションは都会と自然の融合がコンセプトだ。. ・法律に依拠して作る。 「Make it based on law. もとづくの言い換えや別の言い方。・意義素類語ある規則・法則を主として従う準ずる ・ 則る ・ 基づく ・ 依拠する ・ 根拠とする ・ 準ずる ・ 則る ・ 基づく ・ 依拠する ・ 根拠とする ・ 拠る. use as a basis for. 「コンセプト」は「コンセプトを考える」などの形で使うのが一般的です。「考える」以外にも以下の表現がよく使われます。・コンセプトを考える・コンセプトを思考する・コンセプトを考案する・コンセプトを提案する・コンセプトを具体化する・コンセプトを具現化する・コンセプトを構築する・コンセプトを構成する・コンセプトを企画する・コンセプトをデザインする・コンセプトを言語化する・コンセプトを決める・コンセプトを決定する それでは例文を見ていきましょう。 例文・企画の具体案を出す前に、まずコンセプトを考えましょう。・コンセプトを決めるのと、コンセプトを具体化するのには大きな隔たりがある。・課長はいつも「コンセプトを提案しろ」と言っているので、「コンセプトくそババア」と揶揄されている。. 類語 の類義語 似たようなカテゴリーの言葉と、似たような意味の言葉 という意味だと思います。. ある 規則 ・ 法則 を 主として 従う. yahoo_news上の基づくの類語・関連語検索結果 | ルイタンは 独自の AI が Twitter や Wikipedia上の膨大な量の文章を学習し、用法が似ている類語・関連語を教えてくれるサービスです。 今までわからなかった新語の意味や、場所によって異なる語句のニュアンスの違いを理解するのに役立ちます.

類語辞書 (1). 規律 ⇒ (未分類) 締める ・ 引き締める ・ 紀律 ・ 規律正しい ・ 締まる ・ 緊まる ・ 規律 ・ 基づく 類語 則 ・ 章程 ・ 制規 ・ 律法 ・ 典章 ・ 掟 ・ 倫理 ・ 五箇条 ・ 暗黙 ・ 禁止項目 ・ 迷信にもとづく ・ 秩序維持の基 ・ 習わし ・ 価値観おきて ・ 言いならわし ・ 独特の文化 ・ 紳士協定 ・ 義務 ・ 五戒 ・ 十戒 ・ 七箇条 ・ 信仰上の規範 ・ 女犯戒 ・ 絶対的戒め ・ 殺生戒 ・ 間尺 ・ 尺度 ・ 視点 ・ 基準 ・ 規 ・ ポイント ・ 道しるべ ・ 現在地 ・ 物差し. 類語; 基準や規則を守るさま: 則って; 即して; 準拠して; 基づいて; 基づき; 基準として; 準じて; 従い; 指針として; 逆らわず; 意に副うように; 守って.

名詞の依拠を直訳すると「dependence」となります。「dependence」には、依拠の類語である依存という意味もあります。 「依拠する」という動詞として使う場合は、基づくという意味を変換し、「基礎とする」を意味する「base」や「信頼する」を意味する「rely」を利用するとよいでしょう。. 「依拠」は名詞でもありますが、「依拠する」という動詞として使われることが多いです。「する」の部分を活用して使っている例文を3つ紹介します。 ・この法律は、昔の事例に依拠して作られました。 昔の事例を基にして法律を作ったことを伝えている例文です。 ・どの法則に依拠するべきか迷っている。 たくさんの法則があるなかで、どれを基にしようか迷っている状況を表しています。 ・私の作品は他人の作品に依拠しないで作った。 私の作品を作るときに、他人の作品を基にして作っていないことを伝えています。. 「依拠」に性質を表す「性」がついた表現で、主に著作権の法律用語として使われています。例文を2つ紹介します。 ・著作権が侵害されたとするためには依拠性が必要だ。 著作権が侵害されたと認めてもらうためには、基にして作られたとわかる性質が必要ということです。 ・この作品には依拠性が認められないため、著作権を侵害しているとは言えない。 基にして作られたとわかる性質がない作品だったので、著作権を侵害していると言えないことを表しています。. 基づくの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典.

基づく 類語

email: [email protected] - phone:(608) 139-3646 x 3014

ぷにぷに データ 無料 - Rockets band

-> キャプテン マーベル スター チャンネル
-> メタリカ ドラム

基づく 類語 -


Sitemap 2

オナニー バレ - アンパンマン キャラクター